国宝・松本城で音声ナビゲート 人気声優をきっかけに知る国宝松本城、文化財保護の新たな試み

多言語音声ガイドアプリPokkeを運営する株式会社MEBUKU(東京都練馬区)は、国宝松本城(長野県松本市)の音声ガイドを制作し、ナビゲーターに声優の石田彰を起用したことをお知らせします。音声ガイド「松本城 – 戦う城」は11月26日よりPokkeアプリ上にて配信が開始されました。

人気声優をきっかけに聴く音声ガイド、深まる文化財理解

近年、美術館の企画展などで人気声優や人気俳優が音声ガイドナレーションを担当することが増えています。
またそれをきっかけとして美術館の鑑賞に初めて訪れる人々が若い層を中心に増加しています。

こうした背景を受け、音声ガイドアプリPokkeは美術館や博物館だけでなく、寺社仏閣や庭園、城などの伝統文化財においても、人気声優を起用した音声ガイドを企画・制作し、新規で訪れる観光客層の拡大と、歴史や物語を中心に伝統文化財を深く理解するきっかけを提供してきました。これまでに鎌倉建長寺や横浜三溪園、水戸偕楽園などと提携し、関智一や豊永利行ら有名声優による音声ガイドを企画・制作しています。

今回、長野県松本市の国宝松本城を、「新世紀エヴァンゲリオン」(渚カヲル役)で有名な声優・石田彰を起用し、艶のある聴きやすいナレーションで国宝松本城をご案内します。

戦国時代の「戦い」を追体験する音声ガイド

戦国末期に建てられた国宝松本城は、無骨さと美しさを兼ね備えた戦国の集大成ともいえる城です。

城内には無数の仕掛けが施され、幾重にも張り巡らされた塀や堀が敵を防ぎます。

もし、あなたがこの城を攻めるなら。
もし、あなたがこの城を守るなら。

そんな視点のもと、音声ガイド「松本城 – 戦う城」では石田彰の臨場感あふれるナレーションにより、当時の城攻めの様子をあたかも追体験しているかのように導かれながら、松本城の見どころを巡ることになります。

戦国時代の「戦い」を追体験する音声ガイドを視聴できるPVはこちら!



石田彰さんからコメントが到着!

「松本城は、一般の方もたくさん来られる場所なのでどんな方が聞いても分かりやすく伝わるように、ということを考えながら読んでいました。

ガイドのなかで、当時の人々の気分で城を攻めたり、守ったりしてみてください、と言っていますが、当時に想いを馳せながら、城内のそこかしこを見て回るのがとても楽しいんじゃないかと思います。

特に、あまりお城に詳しくない方にとってはとてもためになるガイドだと思います。お城はこうやって楽しんだらいいんだよ、ということを教えてくれるので満足できるのではないでしょうか。
もちろん、知識豊富な方もいらっしゃるでしょうから、そういう方は音声ガイドのテンポにとらわれずに、自分の好きなポイントを、時間をかけてじっくり見て頂ければと思います。」

石田彰 プロフィール
声優、ナレーター。愛知県出身。ピアレスガーベラ所属
代表作に「新世紀エヴァンゲリオン」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」(渚カヲル役)、 「昭和元禄落語心中」(八代目 有楽亭八雲/菊比古役)、「銀魂」(桂小太郎役)、「深夜!天才バカボン」(レレレのおじさん役)などがある。

音声ガイドアプリ「Pokke」での松本城・音声ガイドの配信10/26(金)から!

・タイトル:松本城 ~戦う城~
・ナビゲーター:石田彰
・価格:600円(税込)
・所要時間:約60分
・配信開始日:2018/10/26(金)
<iPhone版>https://bit.ly/2yYrUE1
<Android版>https://bit.ly/2NZeIEp
<松本城の音声ガイド特設ページ>https://jp.pokke.in/matsumotocastle-guide/